『ボードフィラーシリーズ』ボード類の全面・目地処理に最適。

カーボンファイバー配合乾式ボード用下地調整材(ボードフィラー)
BF#1(ポリマーセメント系)BF#2(中性タイプ)BF#3(カーボンファイバー配合)

ボード下地への塗り壁仕上げは、ジョイント処理が悩みのタネでした。

ジョイントが分からないように平らにすること、しかもひび割れしないこと。

ボードフィラーはこの悩みを解決しました。

ボードフィラーシリーズは、カーボンファイバーとアクリル樹脂の相乗効果で、しなやかに強くキレツを防止する優れた各種ボード類の下地処理材です。

ボードの他、モルタル・コンクリート・コンパネ・鉄板・ステンレスにも接着して、平滑で高強度の下地をつくります。しかも、ペンキ下地の精度に仕上げることも可能です。

ボードフィラーひび割れ性テスト

   

 

耐ひびわれ性テスト

 

ボードフィラーをステンレスに塗布して、

かなりの角度までまげてもひびわれが発生しません。

 ⇓ 施工システムはこちらへ!

 用途

●プラスターボードへの各種仕上材施工時の下地調整

●古くなった仕上材に、新規仕上材を施工する際の下地調整

●目地部のキレツ防止

 特長

BF#1(内外装用)

●セメント系で内・外装で幅広い下地に高強度に接着。

●キレツ防止効果に優れ1mm以下での下地調整ができ

 乾燥後ペーパーがけすることでペンキ下地の精度に調整可能。

●肉ヤセが非常に少なくプラスターボードの目地処理に最適。

 

BF#2(内装専用)

●内装専用の中性タイプ。じゅらく壁などセメント系の

 アルカリ性に弱い仕上げ材の施工に最適。

●キレツ防止効果に優れ1mm以下で下地調整ができ、

 乾燥後ペーパーがけをすることでペンキ下地の精度に調整可能。

 

BF#3(内外装用)

●セメント系で珪砂7号を配合、拘束力に優れる。

●キレツ防止効果に優れ、肉痩せが非常に少ない。

 下地の種類と適用性

下地の種類と適用性  #2   #1・#3 
石膏ボード
モルタル・コンクリート
石膏プラスター
コンパネ・ベニヤ(専用シーラー塗布)
ケイカル板(専用シーラー塗布)
ALCパネル
エマルジョンペイント
大理石・御影石・陶器・磁器タイル施釉面
磨き鉄板・ステンレス
木粉系じゅらく・京壁・繊維壁 ×
仕上材の種類と適用性  #2   #1・#3 
エマルジョンペイント
セメント系・シリカ系リシン
アクリル系樹脂リシン
溶剤系リシン ×
セメント系・シリカ系スタッコ
樹脂スタッコ・アクリルスタッコ            
木粉系じゅらく・京壁・繊維壁 ×
各種吹付タイル
配合漆喰

◎最適 ○適 △条件付きで適 ×不適

 標準仕様

品番 タイプ
荷姿 配合割合(kg)

 可使時間 

(H)

 施工面積 

(塗厚)

 粉体   混和液 
 BF#1  セメント系

 13.8kgセット 

 粉体(12kg) 

 混和液(1.8kg) 

12 1.8  約3.6  2

約20㎡

(0.5mm)

 

約10㎡

(1mm)

BF#2

 無機質

 フィラー

 中性タイプ 

11.8kgセット 

 粉体(10kg) 

 混和液(1.8kg) 

10

1.8 約2.7 6
BF#3 セメント系

14.8kgセット 

 粉体(13kg) 

 混和液(1.8kg) 

13

1.8 約1.8 2