カーサブランカ 施工方法:モルタル下地の場合

カーサブランカベース施工方法

モルタル下地:木ゴテ押え後、金ゴテでかるく頭を押える

(※その他の下地に施工する場合は、お問い合わせください。)

 

 1.下塗材塗布『カーサブランカベース』

『カーサブランカベース』を塗布します。

下地の水引きを調整し、壁面の防水機能をUPします。

約1㎜の厚さで平らに塗布します。

必ず乾燥してから上塗材を塗布します。前日に塗布すると良いでしょう。

 

 2.上塗材塗布『カーサブランカ』

塗り付け 推奨(本焼き仕上げコテ)

『カーサブランカ』を下地が見えない程度にシゴキ塗り、ただちに約1㎜の厚さで塗り重ね、おっかけ平らにならしてください。塗り付け用の金ゴテは腰の強い厚手のものを使用してください。しなりのあるコテは使用しないでください。

波消し 推奨(ステンレス波消しコテ)

カーサブランカを塗布したら、なるべく(3分以内)におっかけでムラを消してください(平滑にコテ波がないように)。

薄いステンレス角ゴテ(0.3㎜)を使い同一方向にコテをとおして、塗り残しやコテのあたらない部分がないようにします。このときの表面のブツブツコテのスジは次の工程で平滑になります。

1回目平滑ならし 推奨(ステンレス波消しコテ)

約20分後、同一方向に何回かコテをとおし、平滑に仕上げます。

コテをとおすとき、コテのエッジをたてないように、力を入れすぎないように注意します。細かいキレツの発生の原因になります。ステンレスコテは薄くてペラペラなものを使用します。

2回目平滑ならし  

約1時間後、さらに何回かコテをとおせば、さらに平滑な仕上りになります。

 

 3.クアブロック#2000の希釈液 塗布 

カーサブランカを1日以上乾燥後、塗布してください。

中毛ローラーで吸い込みがなくなるまで、たっぷり塗布してください。

壁の上部から塗らずに、下部の方から塗り上げてください。